好きなことに熱中する。
それは、夢に向かって、
走り続けることだ。


夢に繋がる、未来に繋がる、星槎の選択授業「ゼミ」

立川の通信制高校 星槎国際高等学校

在校生・保護者連絡はこちら▶︎



全国の同級生の晴れ舞台!陸上競技・野球、全国大会の応援に行ってきました!!

スポーツの夏。

今年も、都内の各地で、陸上競技、野球、バドミントンほか。。
全国大会が開催されました。

立川学習センターからは、陸上競技部から3年生T.T.くん、
そして念願の初出場となった立川・八王子学習センター合同の野球部。

今回は、立川、八王子以外の、
広島、郡山、帯広、福井、福岡中央の各代表選手の熱い戦いの模様をお届けします。



●全国高等学校定時制通信制陸上競技大会
8月12日(金)〜8月14日(日)
於 駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場

P8140342.jpg 

P8140350.jpg

P8140369.jpg

P8140353.jpg

P8140372.jpg

陸上競技大会は、広島郡山福井帯広の各校舎から、決勝に進出。
それぞれの道府県の代表として出場するので、星槎だけでなく、各地域の高校生、保護者の方など、大勢の応援、声援が渦巻く3日間となりました。

どの選手も、とにかく、あきらめない。最後まで、走り抜く。結果関係なく、この場所、この機会に思う存分走れる、競うことができる。そんな感謝と喜びの気持ちを胸に、そしてこれまで積み重ねてきた練習の成果を背中に、ゴールテープめがけ、走り抜きました。

応援側は、本当に、勇気と、パワーをもらいました。そして、全国の星槎の仲間がこうして一所懸命になっている場面を前にして、私たち職員も、子どもたちが、やりたいこと、挑戦したいこと、さらに応えていくために、これからも常に動き続けていかなければならない。そんなことを、改めて誓った瞬間でもありました。

立川学習センターの陸上部マネージャー、部員も応援に駆けつけました。こうして全国各地の同級生も、自分たちと同じように、自分たち以上に、燃えている場面を前にして、きっと、これからの人生の糧になりえた、かけがえのない夏の思い出になったのではないかと。そう信じています。
また、保護者の方も、お暑い中、一日中、二日間、本当にありがとうございました。


●全国高等学校定時制通信制軟式野球大会
第一回戦 8月14日(日)
於 駒沢オリンピック公園野球場

福岡県代表 星槎国際高校 福岡中央 対
茨城県代表 茨城県立茎崎高校

P8140375.jpg 

P8140387.jpg

P8140431.jpg

P8140486.jpg

P8140495.jpg

立川学習センター・八王子学習センターの「星槎国際高校 東京」と同時に、3度目の全国大会に臨んだ福岡東学習センター・福岡中央学習センターの「星槎国際高校 福岡中央」。
対戦相手は「茨城県立茎崎高校」。

一回の表に3点を入れ、星槎打線に火がつくと、4回に5点、5回に7点と計15点をあげ、見事5回コールドにて勝利しました。
しかし、4回の裏、茎崎高校の攻撃で、1塁に出た相手・茎崎高校のピッチャーが負傷により交代する事態に。その回、星槎は5点を入れましたが、不測の事態であるがゆえに、気持ちの良い勝利とはいかず。。負傷された選手の、早い回復をお祈りします。

一回戦を勝利で飾った福岡中央は、翌日15日(月)に、二回戦を戦いましたが、、勝利にはあと一歩届きませんでした。

***

今年は熊本地震もありました。
生活に不自由もなく、練習に励むこと。こうして全国の舞台で正々堂々と勝負できること。そして一丸となって応援できること。

このことは、当たり前のことではなく、人と人とが支えあって、関わりあってできる、奇跡の場面です。
この感謝の気持ちを、決して忘れずに、常に胸にして、人とのつながりの中で生きていかなければならない。
そんなことを改めて考えさせられる機会でした。

そして、次回ブログでは、いよいよ立川・八王子の陸上競技大会、野球大会の模様をお届けします!お楽しみに☆

  


  • 2016年08月22日 Posted by 星槎国際立川・星槎ソーシャルスクール立川(旧 フリースクール) at 08:22部活同好会